Q14:タンパク質合成に影響を及ぼすファクターはありますか?

  1. pHの影響について、PUREfrex®1.0の反応液は、pHが7.5付近になるようにバッファーが添加されています。そのため、酸やアルカリを添加される場合には、反応液のpHが中性付近になるように調整してください。pHの影響について、PUREfrex®1.0の反応液は、pHが7.5付近になるようにバッファーが添加されています。そのため、酸やアルカリを添加される場合には、反応液のpHが中性付近になるように調整してください。
  2. カリウムイオンの影響について、PUREfrex®1.0の反応液中の終濃度が10-20mMの範囲でしたら、タンパク質の合成量に影響はありません。
  3. マグネシウムイオンの影響について、PUREfrex®1.0反応液中の終濃度が数mM程度でしたら、タンパク質の合成量にあまり影響はありません。
  4. EDTAなどのキレート剤の影響について、PUREfrex®1.0反応液へのキレート剤の添加によるマグネシウムイオンの減少は、タンパク質の合成量に非常に影響を与えてしまうため、できるだけご使用を避けてください。
  5. その他の2価カチオンの影響について、PUREfrex®1.0反応液中の終濃度が10mM以上になると、タンパク質の合成量が減少する場合が多いため、できるだけご使用を避けてください。
  6. DMSOの影響について、PUREfrex®1.0反応液中の終濃度が数%程度でしたら、タンパク質の合成量に影響はありません。
  7. グリセロールの影響について、PUREfrex®1.0は、終濃度1.5%のグリセロール存在下でタンパク質の合成が行われています。グリセロールを添加される場合、反応液中の終濃度が5%以下であればタンパク質の合成量にほとんど影響はありませんが、高濃度のグリセロールはタンパク質の合成を阻害します。

関連する製品・サービス

PUREfrex
PUREfrex®