HOME > 製品・サービス > 抗体職人TOP
製品・サービス

抗体職人抗体職人

ジーンフロンティアがご提供する「抗体職人」のカスタムモノクローナル抗体作製サービスは、動物に依存しない独自の抗体作製技術(ヒトFab抗体ライブラリとファージディスプレイ)を用いているため、翻訳後修飾の有無やアミノ酸の差異を認識する抗体などを作製できることが大きな特徴となっています。 ヒトFab抗体ライブラリとファージディスプレイを用いたHuCAL®テクノロジーは、全世界で10年以上の実績があり、14,000もの抗体を作製しております。ここ3年間の成功率は90%以上を誇り、多くの製薬企業等で採用されています。 ご希望の抗体の特異性や使用方法をご相談頂ければ、抗原のデザインおよび抗原のタイプや用途に合わせた抗体のセレクション方法、抗体の形式やタグの選択(抗体作製のプランニング)をご提案いたします。 ご相談やお見積りは、こちらまでお気軽にお問合せください






抗体職人の特徴

  1. 特殊な特異性を持つ抗体の作製が可能

  2. コントロール抗原を使用した戦略的なセレクションにより、翻訳後修飾の有無やアミノ酸の変異を認識する抗体や相同タンパク質の共通部分を認識する抗体などが作製可能です。

  3. 動物免疫では困難な抗体の作製が可能

  4. 動物免疫に依存しないため、免疫寛容とは無関係にヒトやマウスの抗原に対する抗体の作製が可能です。また、毒性を持つ抗原や免疫抑制物質に対する抗体の作製も可能です。さらに抗原提示の段階がないため、天然の立体構造を認識する抗体の作製も可能です。

  5. 候補抗体のお届けまでわずか7週間

  6. 抗体ライブラリの自動スクリーニング、自動シーケンシング、自動ELISA解析などにより、抗原の受領から候補抗体(最大5つ)のお届けまでに必要な期間はわずか7週間です。

  7. 分子エンジニアリングによるカスタマイズ

  8. 抗体に各種タグを付加したり、各種融合タンパク質の作製も可能です。また、helix-turn-helixモチーフで2量体化し、抗原架橋能の付加や親和性を向上させることも可能です。

  9. 豊富なオプション

  10. オプションとして抗原の調製から承ることも可能です。ヒトIgG、IgAやマウスキメラIgGなどへの変換や抗体作製後の親和性向上、候補抗体の数の増加や抗体の追加調製などが可能です。

  11. ELISA陽性抗体が得られない場合、費用は不要

  12. 本サービスの成功率は90%以上を誇ります。この成功率に裏打ちされた自信から、抗原に対してELISA陽性の抗体クローンが得られない場合、費用はかかりません*
    * 抗原の性質・受託業務の内容により適用されない場合があります

  13. 継続的な抗体供給が可能

  14. 抗体は、菌体、プラスミドDNA、およびDNA配列情報の3つの形式でバックアップされているため、全ての抗体はこれらのバックアップからの迅速な再生産により、継続的な供給が保証されています。


HuCAL®テクノロジー

HuCAL®(Human Conbinatorial Antibody Library)とは、ヒト抗体の多様性を網羅する独自の組換えFab抗体のライブラリであり、様々な種類の抗原に対して特異性の高い人工抗体を作製するために開発された最高品質のライブラリです。 HuCAL®テクノロジーは、動物に依存しない抗体産生技術であり、全て in vitro でセレクションを行います。
詳しくは、独自の基盤技術をごらんください。
HuCAL PLATINUM® Library


HuCAL®抗体の活用

HuCAL®テクノロジーで作製された抗体(HuCAL®抗体)は、様々な用途において、従来の方法で作製された抗体と同様にお使い頂けます。 さらに、Fab抗体であることから、Fc領域とレセプターの結合を防いだり、ヒト抗マウス抗体(HAMA)の反応を最小化するためにFc領域を除去する必要がないなど、アッセイ系によってはさらなる利点となる性質をもっております。 また、タグ特異的な検出用抗体は多くの用途において非常に有用です。
Anti-Caspr Antibody 抗ラットCaspr抗体 HCA091(AbD06152)の例を示しています。マウス小脳パラノード中のCasprタンパクの染色結果(赤)です。緑色はランビエ絞輪のノードの輪郭部分を形成しているアンキリンGタンパクを示しています。 (図を拡大表示する)
 
CD127_anti-huIgG_Meth_E4f1 抗ヒトCD127抗体 HCA145(AbD11592)の例を示しています。Hoechst(青)で対比染色したMCF-7細胞に対するヒト型抗ヒトCD127抗体(緑)による染色結果を示しています。
(図を拡大表示する)



Flow-Cytometry 抗ヒトCD127抗体HCA145(AbD11592)のフローサイトメトリーを示しています。
左:HCA145によるHuman lymphocytesの染色
右:他ベンダーからのマウスモノクローナル標準抗体による染色 (詳細を表示する)




AbD Serotec, A Bio-Rad Companyについて

Bio-Rad社(旧AbD Serotec, A Bio-Rad Company)は、元々1992年にドイツのミュンヘンにおいて設立されたMorphoSys AGの試薬・診断事業部門でしたが、2013年からBio-Radグループに事業譲渡された組織であり、HuCALの試薬・診断薬用途について独占的な権利を有しています。2016年5月17日より、社名を"AbD Serotec, A Bio-Rad Company"から"Bio-Rad"へ変更しております。 ジーンフロンティアは、Bio-Rad(旧AbD Serotec, A Bio-Rad Company)から HuCAL®テクノロジー に関するライセンスおよび技術移転を受けております。

Bio-Rad社