抗体職人

モノクローナル抗体作製受託サービスについて

ジーンフロンティアがご提供する「抗体職人」のカスタムモノクローナル抗体作製サービスは、動物に依存しない独自の抗体作製技術(ヒトFab抗体ライブラリとファージディスプレイ)を用いているため、翻訳後修飾の有無やアミノ酸の差異を認識する抗体などを作製できることが大きな特徴となっています。

ヒトFab抗体ライブラリとファージディスプレイを用いたHuCAL®テクノロジーは、全世界で10年以上の実績があり、14,000もの抗体を作製しております。ここ3年間の成功率は90%以上を誇り、多くの製薬企業等で採用されています。

ご希望の抗体の特異性や使用方法をご相談頂ければ、抗原のデザインおよび抗原のタイプや用途に合わせた抗体のセレクション方法、抗体の形式やタグの選択などの抗体作製のプランニングをご提案いたします。 ご相談やお見積りは、お気軽にお問合せください。

特長

1. 戦略的なセレクション

コントロール抗原を使用した戦略的なセレクションにより、翻訳後修飾の有無やアミノ酸の変異を認識する抗体や相同タンパク質の共通部分を認識する抗体など、特殊な特異性を持つ抗体の作製が可能です。

2. 動物免疫では困難な抗体の作製が可能

動物免疫に依存しないため、免疫寛容とは無関係にヒトやマウスの抗原に対する抗体の作製が可能です。また、毒性を持つ抗原や免疫抑制物質に対する抗体の作製も可能です。さらに抗原提示の段階がないため、天然の立体構造を認識する抗体の作製も可能です。

3. 候補抗体のお届けまでわずか7週間

抗体ライブラリの自動スクリーニング、自動シーケンシング、自動ELISA解析などにより、抗原の受領から候補抗体(最大5つ)のお届けまでに必要な期間はわずか7週間です。

4. 分子エンジニアリングによるカスタマイズ

抗体に各種タグを付加したり、各種融合タンパク質の作製も可能です。また、helix-turn-helixモチーフで2量体化し、抗原架橋能の付加や親和性を向上させることも可能です。

5. 豊富なオプション

オプションとして抗原の調製から承ることも可能です。ヒトIgG、IgAやマウスキメラIgGなどへの変換や抗体作製後の親和性向上、候補抗体の数の増加や抗体の追加調製などが可能です。

6. ELISA陽性抗体が得られない場合、費用は不要

本サービスの成功率は90%以上を誇ります。この成功率に裏打ちされた自信から、抗原に対してELISA陽性の抗体クローンが得られない場合、費用はかかりません*。
* 抗原の性質・受託業務の内容により適用されない場合があります。

7. 継続的な抗体供給が可能

抗体は、菌体、プラスミドDNA、およびDNA配列情報の3つの形式でバックアップされているため、全ての抗体はこれらのバックアップからの迅速な再生産により、継続的な供給が保証されています。

技術情報

独自の抗体作製技術 ~HuCAL®テクノロジー~

Fab抗体ライブラリとファージディスプレイ

抗体職人のモノクローナル抗体作製サービスでは、MorphoSys社により開発され、Bio-Rad社(旧AbD Serotec, A Bio-Rad Company)が権利を有するHuCAL®テクノロジーを用いて、モノクローナル抗体を作製いたします。

HuCAL®(Human Combinatorial Antibody Library)とは、ヒト抗体の多様性を網羅する独自の組換えFab抗体のライブラリであり、様々な種類の抗原に対して特異性の高い人工抗体を作製するために開発された最高品質のライブラリです。
HuCAL®テクノロジーはMorphoSys社により開発されたHuCAL PLATINUM® libraryとCysDisplay®技術が基盤となっており、世界中で多くのお客様に、研究や診断、治療用の完全ヒト型抗体作製のための非常に強力なツールとしてご利用頂いております。

HuCAL®テクノロジーは、動物に依存しない抗体産生技術であり、全て in vitro でセレクションを行います。具体的には、ヒト抗体遺伝子が組み込まれたファージにより抗体を提示させ、抗原と結合させます。 提示された抗体(Fab抗体)とそれをコードする遺伝子がファージ粒子という形で一対一に対応しているため、多くのFab抗体の中から抗原に結合したFab抗体の遺伝子を容易に特定することができます(ファージディスプレイ)。 抗原を固定化したプレートに、ファージを含む液を加え、提示された抗体を介してファージを結合させ、洗浄により抗原に結合しなかったファージを洗い流し、その後、結合したファージを溶出し回収します。 この工程を数回繰り返すことにより、抗原により強く結合するファージを濃縮することができます(パニング)。パニングにより得られた、抗原と強く結合したファージにコードされる抗体遺伝子を大腸菌で発現させ、Fab抗体の精製を行います。

抗体職人のモノクローナル抗体作製サービスでは、様々な抗原に対し、特異的なFab抗体を選択するために、独自の技術を利用したファージディスプレイ、戦略的な抗体のセレクション、そしてハイスループットなプロセスを採用しています。 このプロセスにより、お客様のご要望に合わせた特殊な特異性を持つ抗体の選択や抗体フォーマットの調製を短期間でご提供することが可能となっております。

HuCAL PLATINUM® Library

約450億ものパターンからなるHuCAL PLATINUM®は世界最大規模の高品質抗体ライブラリです。このライブラリは、大きな多様性を持つ相補性決定領域(CDRs)遺伝子とフレームワークマスター遺伝子の組を基礎とし、E.coli での発現のために最適化されています。

CysDisplay® Technology

CysDisplay® Technologyは最新の効率的なファージディスプレイの方法です。この技術では、開裂可能なジスルフィド結合をファージに導入することで、高親和性抗体の効率的な溶出を可能にしております。

AbD Serotec, A Bio-Rad Companyについて

Bio-Rad社(旧AbD Serotec, A Bio-Rad Company)は、元々1992年にドイツのミュンヘンにおいて設立されたMorphoSys AGの試薬・診断事業部門でしたが、2013年からBio-Radグループに事業譲渡された組織であり、HuCALの試薬・診断薬用途について独占的な権利を有しています。2016年5月17日より、社名を”AbD Serotec, A Bio-Rad Company”から”Bio-Rad”へ変更しております。 ジーンフロンティアは、Bio-Rad(旧AbD Serotec, A Bio-Rad Company)から HuCAL®テクノロジー に関するライセンスおよび技術移転を受けております。