鋳型DNAについて

PUREfrex®でタンパク質を合成する際、鋳型DNAは、目的のタンパク質に合わせてお客様の方でご用意頂きます。

鋳型DNAには、目的タンパク質をコードする遺伝子の上流に、T7プロモーター配列とリボソーム結合部位(SD配列)が最低限必要となります(図4)。

製品に添付のポジティブコントロール用鋳型DNA(DHFR DNA)の配列情報はこちらからご覧いただけます。
DHFR DNAの塩基配列について

 

 

以下の点もご確認ください。

  • 3種類の終止コドンはすべて使用できます。
  • 終止コドンの下流には、10塩基以上の塩基配列を付加してください。
  • 環状DNAおよび直鎖DNA(PCR産物、環状DNAを制限酵素処理したDNAなどが含まれます)のどちらも使用できます。
  • 環状DNAを使用する場合は、目的遺伝子の下流にT7ターミネーターが必要です。
  • 直鎖DNAを使用する場合は、終止コドンの下流にT7ターミネーターの付加は必ずしも必要ではありません。
  • DNAを溶解する際に、TEなどを用いてしまいますと、EDTAが翻訳反応を阻害してしまいますのでご注意ください。

 

以下は、鋳型DNAに関してよくお問い合わせを頂く内容です。よくある質問にもまとめています。

Q1: 反応液へのDNA添加量について
Q2: PCR反応液を直接添加する際の注意点
Q3: PCRによる鋳型DNAの調製例
Q4: PCRで使用するプライマーの配列例
Q5: PCR産物の純度について
Q6: 鋳型DNAとして使用できるプラスミドベクターについて
Q7: プラスミドの調製についての注意点
Q8: 転写開始と5’UTRについて
Q9: mRNAスタートの場合
Q10: 鋳型DNA配列とタンパク質合成量について
Q11: 複数鋳型混在下でのタンパク質合成について