Q13:DHFRは合成されるが,目的のタンパク質が合成されない、または合成量が低い場合の原因は?

  1. キットの構成成分が失活している可能性があります。失活を防ぐために、キットは適切な温度で保存してください。また、溶液を分注することにより、凍結融解の繰り返しはできるだけ避けてください。キットの構成成分が失活している可能性があります。失活を防ぐために、キットは適切な温度で保存してください。また、溶液を分注することにより、凍結融解の繰り返しはできるだけ避けてください。A13-2 ヌクレアーゼが混入している可能性があります。
  2. ヌクレアーゼの混入を防ぐためには、ヌクレアーゼフリーのチューブ、チップ、試薬を用い、手袋やマスクを着用して実験を行なってください。プラスミドDNA精製キットを用いたプラスミドDNAの精製では、精製DNAに、添加したRNaseが混入してくる場合がありますで、ご注意ください。
  3. 鋳型DNAの配列が適切ではない可能性があります。PUREfrex®で使用する鋳型DNAには、T7プロモーター、リボソーム結合部位(SD配列)、開始コドン、終止コドンが必要です。鋳型DNAの設計に関しては、こちらもご覧ください。
  4. 転写産物が二次構造を形成して翻訳反応を阻害する場合があります。その場合は、核酸配列の最適化を行ってください。

関連する製品・サービス

PUREfrex
PUREfrex®