様々なタンパク質の合成

PUREfrex®(#PF001)の反応液に、DNA(またはmRNA)を添加して反応することにより、原核生物由来だけでなく真核生物由来のタンパク質も合成できます。例えば、大腸菌のDHFRを合成した場合、1キット(500 µL)あたり50 µg以上のDHFRを合成することができます。下図の電気泳動は、タンパク質合成した反応液をそのまま供しています。

 

使用したタンパク質

  • GFP : Green fluorescent protein *
  • DHFR : Dihydrofolate reductase
  • GST : Glutathione S-transferase
  • β-Gal : β-Galactosidase
  • bR : Bacteriorhodopsin
  • Luc : Luciferase *
  • CS : Citrate synthase *
  • MDH : Malate dehydrogenase *
  • Her2d1 : Domain1 of Her2 *

    (* 真核生物由来のタンパク質です)

 

関連する製品・サービス

PUREfrex
PUREfrex®